読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火にあたろ。

火を眺めながら、ゆったり過ごす日々の徒然。料理、本、映画をそえて

座敷わらしの居た家

20年前まで住んでいた実家がまだ取り壊されずに残っています。

我が家から歩いて15分。散歩がてら、息子と様子を見に行きました。

↓↓↓いい感じに色あせてます。

f:id:kitarannkahiyo:20150517154950j:plain

この実家、霊感皆無の自分が小3のとき、座敷わらしに出会った由緒正しき家です。

kitarannkahiyo.hatenablog.com

今は親戚が畑だけ作ってる。

↓↓↓雑草にしか見えませんが、ウドです。

f:id:kitarannkahiyo:20150517155034j:plain

↓↓↓アスパラガス。

f:id:kitarannkahiyo:20150517155128j:plain

夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡(あと)…

いやいや、つわものじゃなくても、形あるものは人知れずさびれ、いずれ夢の跡となっていくのでしょうね。

この屋根↓↓↓ちょっとキケンね。

手前のイスは、親戚のおじさんが畑仕事の合間にタバコで一服するやつです。

f:id:kitarannkahiyo:20150517155219j:plain

ちょっと家の中をのぞいてみましょうか。

ふすまはもうボロボロ。廃屋ファン(いるのか?)垂涎の一枚。

f:id:kitarannkahiyo:20150517155243j:plain

かつて座敷わらしが走りぬけた廊下。

f:id:kitarannkahiyo:20150517155757j:plain

廃屋を出て、再び畑へ。

秋田フキ。人知れずおがってます(育ってます)。

息子「これ、でけ~~!」と驚いていました。

(「でけ~~」=「おおきい」です。みなさん、すらすら解読できているとは思いますが、念のため。)

f:id:kitarannkahiyo:20150517155809j:plain

↓↓↓大地に同化しつつあるタイヤ。

f:id:kitarannkahiyo:20150517160717j:plain

つぶれかけた小屋を接写。

小屋の中には、昔の木製スキー千歯こき的な農具が無造作に放置。

f:id:kitarannkahiyo:20150517161004j:plain

この家、危険な状態になってきているので、近々取り壊すことも考えているよう…

でも、家をのぞくと、幼き頃の思い出がよみがえり、

我が血筋の歴史に思いをはせたりすることもできました…

息子は、自分が子供のころに読んだ色あせし『歴史の偉人マンガ』を廃屋から見つけ出し、自分の部屋にこもって読んでます…

 

また散歩にこよう…

 

おりしも、マルメロの花がいい香りを放っていました。

f:id:kitarannkahiyo:20150519042343j:plain

 

にほんブログ村 アウトドアブログ バーベキューへ
にほんブログ村