読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火にあたろ。

火を眺めながら、ゆったり過ごす日々の徒然。料理、本、映画をそえて

3月になってしまった~西脇順三郎へのオマージュ~

【季】季節もの

3月になってしまった。って、もう8日か。

今年の青森の冬は、12月と年末年始のあたりは雪まみれでしたが、2月は記録的な少雪。今朝もいい天気です。このまま春が来てくれるとありがたい。

f:id:kitarannkahiyo:20150308082233j:plain

3月、出会いと別れの季節です。

この時期、なんとも寂しいような、宮沢賢治的に言うと新しいような気持ちが沸き上がってくる。とくに、雪国は深く雪に閉ざされていた世界が次第に融けて、命が一斉に芽吹きだす。その景色の変化が大きい。だから、心境に与える影響も大きいように思う。

そんな心境を上手に言葉に表現してくれた詩人がいる。

西脇順三郎 - Wikipedia。知っています?自分の周りには知っている人、なかなかいませんね。

ノーベル文学賞にもノミネートされているんですがね…

この方の詩を一言で言うと、醸成された言葉の羅列。

僕の生涯で、本当に出会えてよかったと思える文人の一人です。

では、順三郎から「3月になってしまった」の気分を表現してくれる一編を紹介。

 

四六

 

武蔵野を歩いてゐたあの頃

秋が来る度に

黄色い古さびた溜息の

くぬぎの葉をふむその音を

明日のちぎりと

昔のことを憶ふ

二三枚の楢の葉とくぬぎの葉を

家に持ち帰り机の上に置き

一時野をしのぶこともあった

また枯木の枝をよくみれば

既に赤み帯びた芽がすくみ出てゐる

冬の初めに春はすでに深い

木の芽の淋しき

『旅人かへらず』

 

冬の初めに春はすでに深い…、痺れる~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村