読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火にあたろ。

火を眺めながら、ゆったり過ごす日々の徒然。料理、本、映画をそえて

「八戸館鼻岸壁朝市」がスゴイ

週末、八戸市の館花岸壁朝市へ出かけてまいりました。朝6時前に到着しましたが、すでにご覧の人だかり。

f:id:kitarannkahiyo:20160615071005j:plain

 

朝市は毎週日曜日に開かれ、約800mの朝市ストリート両側に、約360店ものお店が並びます。

f:id:kitarannkahiyo:20160615071200j:plain

地物の海産物をはじめ、八百屋、パン屋、焼き鳥、履物、玩具、喫茶店…何でもアリ。

f:id:kitarannkahiyo:20160615071301j:plain

自分ももちろんですが、子ども達の目移りがスゴイ。「あ、焼きそば、食べる!」「メロンパン、うまそう!」「チョコバナナ、100円だよ!」…

お互いが関心のある屋台へ引き寄せられるので、迷子になりそう。

f:id:kitarannkahiyo:20160615071811j:plain

 

妻は、さっそく青森ヒバのまな板を購入。

f:id:kitarannkahiyo:20160615071327j:plain

 

インド人が作るナンが美味そうだったので、マトンカレーとチキンカレーを買う。

f:id:kitarannkahiyo:20160615071357j:plain

f:id:kitarannkahiyo:20160615071427j:plain

 

鍋物が旨いと評判の、その名も「なべ屋」さんで、八戸名物せんべい汁と馬肉鍋を所望。

f:id:kitarannkahiyo:20160615071519j:plain

f:id:kitarannkahiyo:20160615071536j:plain

せんべい汁は、せんべいがもっちもち、あっさり醤油味が身に沁みます。 

 

子ども達はかき氷

f:id:kitarannkahiyo:20160615071945j:plain

f:id:kitarannkahiyo:20160615072020j:plain

かき氷の上に綿あめのサービスって…そんなのあり?

 

ああ、これは昭和だ。肩の力がすぅーと抜けていくのであります。

自分は、平成より昭和なんだと、決定的に感じてしまった瞬間でありました。

 

朝市向かいの漁港スーパー。駄菓子の隣に草履が平然と売られている、そのおおらかさが嬉しい。

f:id:kitarannkahiyo:20160615072124j:plain

f:id:kitarannkahiyo:20160615072150j:plain

老若男女が集い

知らぬ者同士が笑顔を交わし、

両腕に一杯のビニール袋を抱え、

夜明け前から朝9時までの刹那を生きる。

 f:id:kitarannkahiyo:20160615221539j:plain

 

カオスとエネルギー渦巻く場所で、しっかりとした重みのある、確かな元気をもらったひと時でありました。