読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火にあたろ。

火を眺めながら、ゆったり過ごす日々の徒然。料理、本、映画をそえて

青森ドライブ~お盆と暮夏と高山稲荷神社編~

お盆の話です。

東京に住む三番目の弟が帰省。

青森市から1時間半の「高山稲荷神社」なるところへ行きたいと言われ、

ドライブすることに。

 

稲穂が揺れる田園地帯を走り、神社のある青森西海岸を目指す。

f:id:kitarannkahiyo:20150821215807j:plain

 

来た。

高山稲荷神社、思いがけず広い敷地。

f:id:kitarannkahiyo:20150821215746j:plain

 

石段を上る。

先日、近所の公園で、足をくじいた娘と手をつないで石段を登る。

f:id:kitarannkahiyo:20150821215830j:plain

 

極楽浄土を想わせる、蓮の池。

池に渡る橋を歩くのは、我が弟、サブローだ。

f:id:kitarannkahiyo:20150821215939j:plain

 

鳥居がどこまでも連なる。

いざなわれるように先へ進む。

f:id:kitarannkahiyo:20150821220107j:plain

 

この神社には、

全国の稲荷神社で、

その役目を終え、行き場のなくなったお稲荷さんが集うという。

f:id:kitarannkahiyo:20150821220130j:plain

 

なんだか、

居並ぶ鳥居お稲荷さんを眺め、

ずいぶんと、ぼんやりしてしまったさ。

f:id:kitarannkahiyo:20150821221827j:plain

 

f:id:kitarannkahiyo:20150821220144j:plain

 

サブローよ、わが弟よ、

わがファミリーをよくぞここへ連れて来てくれた。

 

地獄の釜の蓋が開くというこの時期、

弟と我らは、あちらとこちらの、境目のあいまいな場所

たしかに、憩うた、のでありました。

 

 

子どもたちは、飽きる様子もなく、なにやら楽しんでおります。

この神社は、青森の西海岸にある。

つまり、海のそば。

 

このすぐあと、僕らはちょっとびっくりな海と砂浜に出会うのです。

 

次回、こうご期待。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ バーベキューへ
にほんブログ村