読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火にあたろ。

火を眺めながら、ゆったり過ごす日々の徒然。料理、本、映画をそえて

早朝の公園で、たたずむ

【日】日記、雑感 【季】季節もの

日曜日の朝、いま、自分は、とある公園にひとり、ぼんやりとたたずんでおります。

ただいまの時刻、朝6時半・・・ですね。

f:id:kitarannkahiyo:20150607185251j:plain

 

なぜ、ひとりたたずんでいるのか

 と申しますと・・・

 

前日、子どもらに「明日、マエダアリーナに連れてって」とせがまれました。

マエダアリーナは、車で10分ほどにある県立の体育施設。

いろいろな遊具のある広々とした公園も併設しており、子どもらの目当てはそこ。

午前中から用事があったので、朝6時出発ならいいぞ、と吹っ掛けた。

(あさ6時なら、さすがに行くと言わないだろう、と思ってました・・・)

 

子どもら、あっさり「いくいく、ぜったい行く~」

ついでに向かいの友達の兄妹も連れていくことに・・・

あ~あ

 

で、早寝早起きの元気印の子どもらは予定通り6時玄関集合。6時15分には出発!

そして、到着したのが6時半、というわけ。

子どもらは男子組、女子組に分かれ、あっという間に散って行った。

f:id:kitarannkahiyo:20150607185941j:plain

そして、取り残された自分・・・というわけです。

 

朝6時半、公園には当然だあれもいない・・・あ、いた。

Tシャツ姿のアスリートお兄さん、お、派手なジャージ上下のおばちゃんもいる。

さっそうと走ってる。

健康ライフ、大いに結構であります。

 

にしても、意外と肌寒い・・・風も強い。

ベンチで読もうと、文庫本を持ってきたのですが、寒くて座ってられん。

ポケットに手を突っ込みながら、子どもらの様子を見て回る。

 

歩きながら、空を見上げると、月です。月ですな。白いやつ。

f:id:kitarannkahiyo:20150607185341j:plain

 

それと、さっきからピーチクパーチクにぎやかにさえずっているやつがいる。

声の主は・・・空の上だ・・・。

空の一点でとどまって飛び続けながら、喋っている。

あやつは、ヒバリだね。ヒバリ、久しぶりに見ました。

いつまで鳴き続けてるんだ?

いつ息継ぎをしているんだ?

 

ああ、時間がゆっくり流れております。

もう覚悟を決めて、この瞬間を心底、楽しむまで。

ちょっぴり温かくなってきた。

 

あ、小川が流れている。

小川までは芝生の緩い傾斜になっている。

せせらぎの音、いやし、ですな。

f:id:kitarannkahiyo:20150607190027j:plain

傾斜に寝転び、持ってきた文庫本を広げる。

文庫本は、奥田英朗『港町食堂』。港町を巡る食道楽の軽いエッセイです。

こんなときは、こういうやつでいい。

難しい本はノーサンキュー。

時々、本を読む手を休め、空を見上げる、あおい。空、あおい。

 

いやいや、いーじゃないか、朝の公園

 

子どもらは、汗をかきかき走り回っておる。

「子どもは風の子」、現代の風化しつつある言葉の一つ。

そうだった、そうなのです。子どもは風の子なのよ、今のうちに大いに遊びなせ。

 

実にさわやかでサイコーじゃないですか、朝の公園。

一日、ながーく過ごせそーだ。

(少々、やけ気味ですが・・・)

 

大いに走れや、こどもたち

大いに遊べや、子どもたち

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ バーベキューへ
にほんブログ村