読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火にあたろ。

火を眺めながら、ゆったり過ごす日々の徒然。料理、本、映画をそえて

黄昏の庭先をさまよう~禁断のマクドナルド~

隣の実家の庭先は、只今、花真っ盛り。

f:id:kitarannkahiyo:20150523171333j:plain

例によって植えたのか勝手に咲いているのかわからない花々。

黄昏時の光を浴びてどこか神々しささえ感じる。

f:id:kitarannkahiyo:20150523171345j:plain

可憐に咲く花々から庭先に目を転じると…マクドナルドのイスだ。

f:id:kitarannkahiyo:20150523171425j:plain

うちの両親が寄り付かない店の一つにマクドナルドがある。

しかし、なぜか庭先にはマクドナルドのイス2脚が堂々と幅を利かせているのだ。

そして、イスの前に靴。父のものに違いない。なぜここで脱ぎ捨てられているのか。

しかも、無造作…

家の周りももちろん雑多なものがのびのびと放置されている。

f:id:kitarannkahiyo:20150523171544j:plain

この無造作、テキトーさ、不完璧さ…実は、嫌いじゃない。

それどころか、どこか、あこがれさえある。

自分には到底まねはできないし、したくもないのだが…。

人目をものともしないフリーダムな空間に魅力を感じてしまう。

というより、単に面白いのか。

まだある。

風除室だ。北国の一軒家にはたいてい風除室がある。雪対策である。

そっとのぞいてみよう。

f:id:kitarannkahiyo:20150523171627j:plain

煙草のみの父親にとって、この玄関先の小部屋は喫煙室でもある。

(なので、訪問者は自動的に受動喫煙となる)

f:id:kitarannkahiyo:20150523171640j:plain

グリーンと吸い殻の共存だ。

ナチュラル派の方々が顔をしかめる図が見える。

まるで、煙草の煙を小鉢の緑で浄化しようとでも考えているかのようだ。

手入れの生き届いた立派な庭先は、この付近にもたくさんあるのです。

けれど、我が一族へのひいき目に過ぎないのかもしれませんが、

自分はこの隙だらけの庭先に、一種の愛おしさを感じてしまうのであります。

(決して真似はしないが)

 

みなさん、この感じ、わかっていただけますか?

にほんブログ村 アウトドアブログ バーベキューへ
にほんブログ村