読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火にあたろ。

火を眺めながら、ゆったり過ごす日々の徒然。料理、本、映画をそえて

イチオシBOOK~やっぱりムーミン~

【本】イチオシBOOK

言わずと知れたムーミン

f:id:kitarannkahiyo:20150410214305j:plain

↑「ムーミンパパ海へ行く」挿絵、1975

アニメのほうじゃなくって、トーベ・ヤンソンさんの原作のほうね。

語りたいのだけど語る脳もなし、時間もなし。

なので…

ずばり、自分の考えるムーミンの魅力!

 

魅力その1:ヒーロー不在。

みんなに何かしらの欠点がある。ムーミンパパ筆頭、ムーミントロールしかり。

けれど、そのまんまであなたはいいのよ、と言ってくれている気がする。

ムーミン谷では、みんなどこかわがまま。独断。勝手。気まま。(あ、全部同じ意味か!?)だけど、なんとなく許されている。

そして、なによりもそれぞれが自分自身を許している!

 

f:id:kitarannkahiyo:20150410214334j:plain

↑「たのしいムーミン一家」挿絵、インク

 

魅力その2:さびしい。

まず、ムーミン谷にはおさびし山がある。(だから?)

そして、子ども向けにしてよいのかと思うくらいどっか暗い。孤独感が漂う。

でも、そこらの物語にはない深みがある。

しかも、和風じゃない、西洋的なさびしさ。

原作者トーベ・ヤンソンさんの故郷フィンランドの氷に閉ざされた風土とも関係があるのかも。

「淋しい」でも「寂しい」でもない。

ひらがなの「さびしい」(なんじゃそりゃって感じだが…)

↑「ムーミンパパ海へ行く」挿絵、インク、1965年

 

魅力その3:よれよれの原画

言っておきますが「よれよれ」は、褒めことばです。念のため。

原画、ほんとうに魅力的だよね。

ムーミンのよさの半分は原画!

↑「ムーミン谷の11月」挿絵、インク、1970年

 

最後に、

ムーミンを語ると、原作者トーベ・ヤンソンさんに行きつく。

この方、怖ろしいくらいに魅力的です。(お亡くなりになってますが…)

なぜかって?う~ん、それはまた今度。

 

 

↓気が向いたら、ひと押し願います。

にほんブログ村 アウトドアブログ バーベキューへ
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村